father's day

2015.06.22 Monday

0
    こんばんは、ninaです。

    今日は、父の日。
    ですが、今年は祖父を想う。。

    私が初孫だったこともあり、
    とびきり可愛いがってもらっていたそう。

    祖父の日記には、その日私が言ったこと、新しくできるようになったこと、祖父が私にしてくれたことなど、私の事がたくさん書かれていたそう。

    私の名前をつけてくれた祖父。
    私の命を救ってくれた祖父。
    私の自慢の祖父。

    昭和60年、科学万博で、ポストカプセルといって、16年後の2001年お正月に指定した住所に手紙を届けてくれるというものがありました。

    2001年お正月に、昭和60年のポストカプセルより、祖父から私宛てに手紙が届きました。
    当時1歳だった私の様子が、愛情たっぷりに書かれていました。

    2001年お正月、祖父はこの世にいませんでした。
    過去の祖父が16歳になった未来の私を想って書いた手紙が、手元に届いた不思議な感じ。そして、書かれた文字から感じる祖父の体温。

    この手紙は、ずっとずっと私の宝物。
    祖父の孫に生まれたことを、とても幸せに誇りに思います。


    ここ数ヶ月、私の生活の中で、動物の生と死が頻繁に交差しています。
    その度に、喜怒哀楽、両極端の感情が、ダイレクトに心に入り込んできます。

    新たな命がやってきたり。
    命を全うした美しい姿に感動したり。
    家族を想う愛を知ったり。

    そんな経験を重ねるなか、
    「子どもが親を選んで生まれてくる」
    ということが、少しだけ分かったような気がします。

    動物も同じで、
    私たちの元へきたこと、
    私たちのいる場所で命を全うしたこと
    生と死が行き交う度に、たくさんの気付きや学び、そして愛をもらっています。

    私は、彼らに出会えて、互いの人生の一部を交えることができて、本当に幸せだと感じます。

    今日は、彼らが教えてくれたこと、しっかりと心に刻んで、日常を更に丁寧に、豊かに過ごしたいと思った、特別な1日となりました。

    Future

    2015.04.16 Thursday

    0
      こんにちは、ninaです。

      からだの健康、豊かなこころ、マーケティング。
      ninaを始めてから、マッサージという枠にとらわれず、テーマの幅を広げ、様々な情報にアンテナをはることを心がけています。

      そんななか、先日参加したあるイベントで感じた想いを書き留めます。

      私の胸に飛び込んできた言葉
      "2020年、あなたはどこで何をしていますか"

      最近特にせわしない日々を送っていたこともあり、
      改めて、"未来のイメージができてなかった"と気付きをもらいました。

      5年後の2020年、
      なりたい自分になっているか、
      向かいたい方向に進んでいるか、
      行きたい場所へ行っているか、
      欲しい環境を手に入れているか、
      一緒にいたい人と過ごしているか、、

      欲しい未来を手に入れる為には、
      具体的なイメージを持つことが必要です。
      イメージができれば、その逆算で"今"を見ることができます。とてもシンプルで簡単なことですが、真剣に取り組んでいる人は少ないと思います。現に、私もそうでした。

      描いた未来にワクワクすることが、
      今を過ごす一番の原動力になると思います。
      その為に、「今、未来を決める」という作業が必要だなと、そんなことを思いながら帰路に着きました。

      夢を持つことは素晴らしいことです。
      ですが、夢を共有できることはもっともっと素晴らしいことだと思います。
      パワーが全然ちがいます。

      一人で描く夢と、
      自分の想いに共感し、応援してくれる人がいる実感を持って、挑戦する夢

      あなたは、どちらを選びますか。

      後者を選んだあなた。
      私は、そんなあなたと繋がりたい。
      その空間が欲しくて、ninaを作りました。

      楽しみで仕方ない5年後を、今、作りましょう。

      そして、私でよければ、ninaでそのお手伝いさせて下さい。




      ・・・・・・・・
      さて、
      2020年、あなたはどこで何をしていますか?

      MY STORY 2

      2015.02.24 Tuesday

      0
        こんばんは、ninaです。

        あの話の続き、覚えているかしら。
        私が今の私となった、あの日の出来事の話・・

        目を閉じて、NYへ飛びましょう。
        マンハッタンではなく、ハーレムのあの教会へ・・

        中央には、スピーチのための台が。
        その右側には、ベース、ドラム、キーボード。
        左側には、聖歌隊。

        凛とした女性が中央に立つと、静けさが広がります。
        彼女はたぶん、この教会の代表者。

        軽い挨拶が終わると、今日のお説教が始まります。
        聞き取れた内容でしか分かりませんが、
        どんなに孤独を感じ、苦しく辛い時も、あなたは決して一人ではない。イエスは、いつもあなたのそばにいます。という内容だったと思います。

        代表者の女性は、原稿を用意していましたが、ほとんどそれを見ることはなく、私たちの方へまっすぐ力強い視線を向け、用意してきた言葉ではなく、彼女の中から湧き出る言葉で、私たちへ語りかけます。

        その姿は、本当に頼もしく、とてもかっこよかったのです。

        そんな彼女のお説教に、
        少しずう魔法がかけられていきます。

        ・・想像してみて下さい・・・・

        彼女の声は、
        だんだんと大きくなり、
        叫び声となり、
        それが次第に韻を踏んでいき、、

        そして、そこにベースが加わり、
        キーボードが加わり、
        ドラムが加わり、

        最後に、聖歌隊が加わって、
        それはそれは素晴らしい歌へと変わっていったのです。

        とても自然な流れでした。
        大袈裟なエンターテインメント的な雰囲気はなく、
        彼らは、心の温度が高まる様子を、音と言葉で表現しただけなんだと思います。

        それは、彼らにとって、特別なことではなく、
        ごく当たり前な自己表現のようでした。

        私は、ただただ感動で、体も心も震えました。
        この一体感。とても言葉が追いつかない感覚。
        突き抜けるような、突き破るような。
        とにかく、ものすごい迫力でした。

        盛大なゴスペルの時間が終わると、
        今度は、みんなで前に集まり手を繋ぎ、
        ひとつの輪を作って聖歌を歌います。

        同じ曲を歌うのに、
        ある人は、その歌詞に共感し"yes, yes"と頷き、
        ある人は、下を向き囁くように静かに歌い、
        ある人は、上を向いて大きな声で力いっぱい歌い、
        ある人は、手を揺らしながら全身で歌います。

        その日の自分の状態に合わせて、
        それぞれが、自分らしく祈る。歌う。
        自由=自分らしさ を体感した瞬間でした。
        日本にはない文化ではないでしょうか。

        数曲を歌い終わると、そばにいる人とハグをしながら、ゆっくりと席へ戻っていきます。
        私も、2, 3人の方とハグをしました。

        そして、その時、、、、
        少し離れたところにいた女性が、笑顔で私の方へまっすぐ向かって歩いてきます。

        その笑顔のまま、
        私を強く、強く、ぎゅうっとハグ。

        その瞬間、
        私の中の何かがガタンと崩れ落ち、
        気付けば、彼女の胸で泣き崩れていました。

        もちろん、彼女には理由は分かりません。
        それでも、泣きじゃくる私を
        それはそれは温かく、優しいまなざしで、
        "あら、どうして泣いているの?泣かなくていいのよ"と声をかけてくれました。

        当時の私は、
        自分を見失い、自分の未熟さや不完全さを突きつけられ、不満を抱え、とことん自分を否定していました。

        そんな私を、見ず知らずのこの女性は、
        ただ、ただ、受け入れてくれたのです。
        "今のあなたで十分よ"と言われたような気がしました。

        その時に、
        世界って、こんなに心地良いんだ。と、
        この世界の温かさ、深さ、強さ、優しさを知りました。

        そして、私は、
        必ずここに戻ってくることを誓い、
        帰国しました。

        それから私は、
        ちょっと変わったアイデアから、
        マッサージの勉強をする道へと進みます。


        ・・・・・・・・・・・・・
        長くなったので、今夜はもうこの辺で。


        good night…

        MY STORY 1

        2015.01.15 Thursday

        0
          こんばんは、ninaです。
          雨がしとしとと降っています。
          よく動いた時間を、静かにゆっくりと冷ましてくれているよう・・

          今日は、今の私へ、ninaという空間へ導いてくれた、NYでの、ある出来事の話をしたいと思います。

          それでは、、、
          いきますよ、、、。


          3年前、勤めていた会社を辞めました。
          幼い頃から夢見た海外で、長期間過ごすために。

          3年振りに連絡を取り、東京で会った友人との何気ない会話から、信じられないほどのベストタイミングで、なかなか1人では踏み出せなかったNYへの一歩を踏み出します。長期滞在のための下見にと、1週間ほど滞在しました。

          朝が得意ではない私が、毎朝飛び上がるように起きて、いろんな所へ出かけました。素敵な方とのご縁もありました。1日1日を生きてる実感を、心の底から感じる毎日でした。

          もともと、ゴスペルなどの黒人文化にとても興味があった私は、ハーレムにある教会でゴスペルを見ようと計画を立てます。ですが、いろんな理由が重なり断念・・していた時に、たまたま同じ場所に宿泊していた人が、他のゲストと一緒に明日ハーレムへ行くと。しかも、私が断念した理由が、ただの私の勘違いだったということも分かり、、帰国前日に、念願のハーレムへ行くことが急遽決まりました。

          私たちが訪れた教会は、小さな町の教会でした。
          中に入ると、数組の観光客がいるなか、ある老人が杖をついて、私たちのもとへまっすぐやって来ます。穏やかな温かい笑顔で。おそらく、この教会に深く関わっている方なのでしょう。スーツを上品に着こなし、とても紳士的な方でした。そのまま、私たちは奥の通路へと案内されました。たまたま入ったこの教会は、とても日本と縁のある教会で、日本人の聖歌隊が初めてハーレムでゴスペルを歌った場所がここなのだと、古い新聞の記事を指しながら、その老人は教えてくれました。

          定刻が近づくと、思い思いに着飾った、この町に住む人たちが、教会に集ってきました。"やぁ、調子はどうだい?" "元気にしてた?"と、言葉をかけ合いながら、席につきます。いよいよ神聖な祈りの時間が始まります。未知の体験に胸が高鳴る、私たち。人生を大きく切り開く時間になるなんて、誰が想像していたでしょうか 。。



          ・・・・・・・

          この続きは、
          また今度・・。

          good night.

          2015年

          2015.01.05 Monday

          0
            明けましておめでとうございます。
            ninaです。

            昨年を振り返り、今年へバトンを繋ぐ。
            そんな想いを、綴ります。

            昨年は、「深める」ことに意識をおいた1年でした。
            人間として、女性として。
            セラピストとしての知識、経験、技術。

            前半は、深めることを、そこにじっと留まることと捉えていました。すると、いつの間にか意識や行動にズレが生まれてきました。体と心がバラバラになったような、苦しい時期もありました。

            後半、少しずつ流れが変わります。
            非日常に身をおいて、いつもと違う人と交わる中で、たくさん「深める」瞬間がありました。心が喜ぶ、新しい感覚をもらいました。

            そして、ninaへと、今の私へと、導いてもらった、NYでのある出来事、その時の感触を思い出しました。ずっとぼやけていた景色が、色彩を持ち、潤っていくようでした。

            今年、ninaは新しい形へ移り変わります。
            目に見えるもの、目には見えない感覚。
            様々な方向から、私が最初に描いていたninaの形に近づくために。

            一番大切なものを思い出しました。
            私が本当にしたいこと。

            これから一つずつ、お知らせしていきます。

            ninaを選んで下さる皆さんへ
            これからninaを迎えて下さる皆さんへ

            2015年が始まります。
            一緒に前へ進みましょう。


            salon de nina
            岡 浩子