●weekly note 20171107

2017.11.08 Wednesday

0
    11/1
    今日からスタート
    どんな風になるかあんまり想像できないけど、とりあえず始めてみます
    大切なのは、最初の一歩を踏み出すこと!


    11/2
    久しぶりにゆっくり休みました
    クロちゃんは今日も元気
    たまたま祖母の家に行ったら、入れ歯が欠けた直後という。。笑
    部屋の明かりも消えたまま落ち込んでたので、すぐに歯医者へ。。笑
    待ち時間にスタバで仕事を片付ける
    面白い休日でした


    11/3 9:40
    関西へ向かう新幹線の中で。
    気持ちいい天気で連休スタート!
    やっぱり太陽はありがたいな。


    11/4 26:00
    素敵な方々と仕事を共にして、とても気持ちの良い2日間だった。本当に"人"って大切だな。
    "誰と仕事をするか"って重要です。
    ねむい。。。


    11/5 5:15
    駅へ向かうタクシーの中
    4時起き。。無事起きれた。。
    満月とクロちゃんに見送られ、行ってきます


    11/6 23:25
    ハイキングとか登山行くようになってから、"自然の中を歩く"のがすんごく好き。しかも、できる限り早いスピードで歩くのが好き。早すぎて走り出しちゃう時もある。普通の道を歩くより全然疲れない。不思議だけど、納得。自然ってすごいなぁ。そんな自然欲を満たしてくれた、三重県赤目四十八滝。


    11/7 26:00
    何とかお風呂に入ったはいいものの、、
    うっかり寝てしまっていた。。。
    ねむくてねむくてたまらない。
    寝よう。

    ●はじめてみます、新しいこと

    2017.11.07 Tuesday

    0
      皆さん、こんばんは。
      すっかり秋の風となりました。
      朝晩少しずつ肌寒くなり、からだがきゅっとなりますね。

      Re:roomのこと、旅のこと、
      書きたいことは積み重なる一方で、
      なかなか言葉に置き換える時間が作れずにいます。
      もどかしい。。もどかしい。

      どうにかしたくて、自分なりに考えた末、
      毎日の小さなつぶやきを書き留めてみることにしました。

      これが、今の私が発信していきやすいやり方かなって。しばらく、"発信する"ということにこだわってみたいと考えてます。

      毎月7のつく日(7, 17, 27)に、blogをUPしてみます。
      内容は特に定めておらず、隙間時間の1日メモのようなイメージで。

      "weekly note"と名付けてやってみます。
      (weeklyじゃないけど)


      今月よりスタートします。
      早速これから第1回目をUPします。
      この試みがこの先どう繋がっていくか分かりませんが、何かに繋がるヒントに出会えそうな気がしてます。。



      さて、ひとまず始めてみます ね。。。

      ●2017 Re:roomのじかん お知らせ

      2017.10.09 Monday

      0
        みなさん、こんにちは。
        涼しくなったり、暑さが戻ってきたり、、
        もう少しこの行ったり来たりが続きそう。
        体の声に耳を澄まして過ごしてほしいです。


        「Re:roomのじかん」
        12月までの日程決まりました。

        □10/27金 14:15-18:00
        □11/27月 18:45-21:30
        □12/15金 10:45-13:30

        大牟田えるる・3F 和室
        2,500yen



        より丁寧に、響く時間
        より丁寧に、届く時間


        という意識が増しました。





        ●new blog→ http://salon-de-nina.info/
        アドレスを新しくしてからの記事は、タイトルの最初に"●"が付いています。

        ●Re:roomのじかんって・・・

        2017.10.05 Thursday

        0
          皆さん、こんばんは。
          今日は、月に一度開催している、「Re:roomのじかん」という企画について


          大切だからこそ、想いも強く、
          どうしても短い言葉でまとめてはお話しできそうにありません、、、


          「Re:roomのじかん」
          この話をする時に欠かせない女性がいます。
          木下律子さん

          まずは、彼女との出会いから。

          場所は、とあるレストラン。
          私はそこで働くホールスタッフ。
          律子さんは、友達ご夫婦と4人で食事をしに来たお客様の1人でした。
          その日は、食事やワインを堪能され、いい気分になってお帰りになりました。

          その数日後、今度は別の場所で再会したのです。
          それが、ninaのあるneiでした。
          ご友人と2人でランチにいらした所をたまたま私が通りかかり、会って数日しかたっていなかったおかげでお互い顔を覚えていて、偶然の再会に驚き、少しだけお話をしました。

          そして、その日の夜、律子さんからmailが届きます。
          自己紹介も兼ねてninaのカードをお渡ししていたので、ninaのアドレス宛てに。

          偶然の再会を喜んで頂いたようで、
          ハートやお花がたくさん散りばめられた、
          それはそれはとってもラブリーなmailでした。笑

          そして、それから更に日もたたない頃に、
          今度は共通の知合いがいることが発覚!
          ここで、一気に律子さんとの関係が縮まります。

          それから、2人でよく会うようになり、
          たくさん語り合いました。

          話せば話すほど、いくつも共通点があり、
          ますます盛り上がり、
          たくさんたくさん語り合いました。

          律子さんは、いろんなことを私に話してくれました。
          たくさんのことを教えてくれました。
          アイデアやアドバイスも惜しみなく注いでくれました。

          その頃、私はninaの在り方について、ある思いが芽生えていました。

          ninaという空間は、"2人"の空間。
          私とお客様の2人だけの空間です。
          そこでは、とても濃密な時間を共有することができます。

          ですが、それが苦手な方もいると思うんです。
          いろんな人と一緒に同じ時間を共有することで、安心したり、慰められたり、元気が出る人もいると思うんです。

          そんな人たちのための場所や空間を作りたいなぁと考えるようになりました。
          そうすれば、ninaの枝がひとつ増え、皆さんがご自身の状況に合わせてその時欲しいninaとの関わり方を選んでいただけるなぁと。

          そのヒントを探しに、ある座談会へ参加しました。
          律子さんが長年ボランティアで続けている、子育て座談会です。

          そこでの空気感は、私がイメージする空間を具現化したようでした。とても、居心地が良かったのです。

          少し遅くなりましたが、
          ここで律子さんという女性について・・・

          約25年間、英語教育を通じて、たくさんの子供達と接していらっしゃる、笑顔が素敵なとてもpeacefulな女性。愛のオーラが溢れ出て、きらきら輝く温かい女性。

          "子供の持つ能力や可能性を最大限に引き出す"
          これが、律子さんの一番の関心事。
          英語が上手くなるよう教える事ではありません。

          この大きな目的の為に、様々な分野から知識を得、経験を積み、今もたくさんの子供達と向き合っていらっしゃいます。

          そんな律子さんの力をお借りして、
          集まって頂いた方々と律子さんとが混ざり合い、
          「Re:roomのじかん」は出来上がります。

          Re-には、"再び、さらに、新たに"という意味があります。

          たとえば、
          relaxation, refresh, restart, retry, reborn, remind...


          その時あなたが必要とするRe:の空間(=Re:room)を私や律子さん、お客様とで一緒に作り、その心地よい空間に浸りたい、そんな想いのもと、この企画は生まれました。

          集った方々の表情を見て、その空気感を感じて、
          インスピレーションで浮かび上がった事を、
          律子さんがゆっくりと話していかれます。
          私も邪魔にならないよう、こっそり音楽を流し、
          皆さんをじわりじわりとRe:の世界へご招待・・
          他にない、不思議で特別な時間が流れていきます。
          律子さんが今まで培ってきた知識や経験の話は、本当に心が動きます。
          自分自身のこと、考え方のこと、生き方のこと、教育のこと、育児のこと、、、、

          律子さんの話が終わると、
          次は、皆さんの声に耳を傾ける時間です。
          その時、律子さんは必ずこう言われます。

          "全ての悩みを、即答で解決します"


          この言葉に、強い覚悟を感じます。


          見えない空気感を伝えるのって難しいです。
          感じ方や捉え方は人それぞれです。
          この話は、私が感じる"Re:roomのじかん"なのです。
          違った捉え方をしている人もいると思います。
          いてほしいです。

          言葉で表せないから直接心で感じてほしい。
          だから、あまり誰かを誘ったりはしません。
          行ってみたいなぁと思った方が来て、
          それにまた別の方が引き寄せられて、
          少しずつ参加する方が増えていっています。

          そうして紡いでいく空間は、本当に純度が高いです。
          感性で繋がれる快感を知ってしまいました。


          月に一度のペースです。
          27日を基本に開催しています。
          赤ちゃん・お子さんとご一緒でも安心してお越し下さい。
          もちろん、ファミリーでの参加も大歓迎です。





          仲間がいる
          味方がいる

          友達とは違った、また特別な存在

          大人になっても、こんな素敵な関係を築けるなんて、幸せだなぁって思います。
          染みます よ ・・。




          ●new address→ http://salon-de-nina.info/
          アドレスを新しくしてからの記事は、タイトルの最初に"●"が付いています。

          ●あらためて・・・

          2017.09.22 Friday

          0

            みなさん、こんにちは。
            ブログ読んだよと、意外な人から声をかけてもらえて、

            うれしはずかしです。。。

            気持ちをあらたに、
            あらためて、今の私について。

            ninaを始めた頃から知ってくれている方にも
            遠くで繋がってくれている方にも
            あらためて、今の私について。

            私は、福岡南部の田舎町大牟田市で生まれ育ち、
            今も同じ場所で暮らしています。
            あっという間というよりも、

            あっちこっちキョロキョロしながら、
            コツコツと歳を重ね、気付けば33歳になったばかり。
            自然がだいすき。ネコがだいすき。

            多くの若者と同じように大学へ進み、

            その4年後には社会人になりました。


            そして、約5年のOL生活を終え、

            海外へ飛び出す予定でしたが、いろんな流れに恵まれ、

            自分の平常心を育む術を得るべくマッサージの勉強を始め、
            そのまま地元のneiというカフェの小部屋で

            "salon de nina"という名のマッサージルームをopenします。

            風通しの良い、青い扉がなんとも女の子の妄想を

            掻き立てる素敵な小部屋で、ホホバオイルを使った

            リンパマッサージを通して、たくさんの人と出会い、
            とても尊い時間を過ごしました。

            そして、ninaを始めて2年近くたった頃、
            私は、次の新しい流れに導かれ、
            今度はツアーコンダクターの仕事に挑戦します。

            初めは、ninaの仕事と並行で頑張っていましたが、
            ツアーコンダクターの仕事に専念する事を決め、
            マッサージルームを卒業します。

            それからは、生活の軸をツアーコンダクターの仕事へ移し、
            まずは国内での仕事に励み、やがて2年がたとうとしています。
            最終目標は、やっぱり海外での仕事です。

            とは言え、心身ともに高めてくれた

            あの小部屋で過ごした日々は、私にとって大切な時間で、

            すべてを手放したくはありませんでした。

            ninaを通していただいたご縁や、

            そこで得た経験をツアーコンダクターを

            やりながらできる形で、私らしく繋げたい・・・
             

            そんな想いでうまれたのが

            "Re:roomのじかん"という企画です。

            現在は、月に一度27日(ninaの日と勝手にこじつけ)を

            ベースにささやかに活動を続けています。

            ツアーコンダクターの仕事をメインに、
            ninaとしても静かに活動をしている、
            これが現在の私なんです。

            今までは、ninaとしての発信しかしてきませんでしたが、
            これからは、ツアーコンダクターとしての
            私の色も出していきたいなと考えています。

            だって、日本は本当に素晴らしいんですもの。。
            その素晴らしさを伝えたいのです。

            そして、そこで感動したこと、そこで感じた危機感なども、
            同時に伝えていきたいのです。
             

            良いことも、怖いことも、

            感じるものがたくさんあります。

            そういう意味での私の新しい世界・・・
            どんな風になっていくかは、やりながら、試行錯誤の実践型です。

            そんなわけで、迷子になっている様子も見受けられるかと思いますが、
            そこも楽しみながら見守って下さい。
            あ〜また迷い始めたぞ、いいぞいいぞ、と・・・

            そんな感じで、ninaの私と、ツアーコンダクターの私を
            いい具合いに行ったり来たりしながら、
            私らしく、マイペースな歩幅で歩いていきます。




            お気に入りの鼻歌口ずさみながら、
            これから共に進みましょう〜。
            lalala〜〜〜♪

             

             

             

            ●new address→ http://salon-de-nina.info/
            アドレスを新しくしてからの記事は、タイトルの最初に"●"が付いています。